close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・事業戦略/経営戦略の検索結果一覧(78件)

現在の検索条件

条件を変更する
78件中 71 〜 78件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
| 次のページNext Page
ケースメソッドによるアカウンティング研修 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 93,500円JPY 応用 2日間

【ねらい】
1.経営に必須となる財務の知識を元に、意思決定の質を高める力を養成する
2.各種の分析技法で現状を見える化し、短期・長期の戦略シミュレーションが設計できる力を身につける
【概要】
昨今の経営環境変化により発生しているクライアントの抱える問題を取り扱うケース教材を通じて、進むべき方向性(戦略案、マーケティング施策)・戦略を実現するためにアカウンティング知識をどのように活用し、経営の意思決定の質を高めるかについて学びます。1日目は知識インプットを中心に、2日目はケースを通じて実践的に使えるスキルを身につけます。

ACK017291901 お気に入りに追加
経営に求められる財務戦略 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 82,500円JPY 応用 2日間 2021/03/04(木)09:30〜17:30空席あり

【ねらい】
1.財務・経理担当者の業務は事業戦略とつながっており、企業の意思決定に資する業務であることが分かる
2.難解な手法を身につけるのではなく、分析の構造や原理原則を身につけ、財務・経理部門のステイクホルダーと対等に渡り合えるようになる
3.経営者意識を持つことで、将来CFO等として企業経営に関われる下地をつくる
【概要】
経営戦略・事業戦略に資する位置づけとして財務戦略の全体を学びます。
企業価値評価の方法の理解とその使い方、金融機関・株主との関係の築き方などを押さえます。企業金融と事業会社財務の現場の経験の長い講師が、ステークホルダーと交渉できるための財務戦略の原理・原則、運用・調達場面での意思決定のあり方などを分かりやすくお伝えします。一方的な講義形式ではなく、参加者の皆さんと講師の対話、参加者同士でのディスカッションを取り入れてセミナーを進めます。

ACK017331901 お気に入りに追加
戦略実行に向けたKPI(重要業績評価指標)の設定と実践プロセス 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 35,200円JPY 初級 1日間 2021/03/04(木)10:00〜17:00空席あり

戦略を実行するためには、ビジネスを定量的に把握し、主体的にコントロールすることで、戦略を落とし込んだ目標・予算を適切に把握・管理していかなければなりません。そして、その定量的な指標となるのが、KPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)です。
本セミナーでは、KPIの設定のプロセスとポイントを理解し、ケーススタディと自社・自部門のKPIを考えるワークショップを通して、実践的なスキルを習得します。経営企画や事業企画に携わるスタッフはもちろんのこと、各部門の管理職やプロジェクトのリーダーにもご参加をおすすめします。

DNK004891501 お気に入りに追加
【PDU対象】エンタープライズ・ビジネス・アナリシス[16PDU付] 
16 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 110,000円JPY 中級 2日間 2021/03/11(木)10:00〜18:00空席あり

<オンラインクラス有>
本コースは、BAのアドバンスコースとして、戦略的本コースは、BAのアドバンスコースとして、戦略的企業分析チームの一員が業務遂行に必要な知識についてお伝えしていきます。特にエンタープライズアーキテクチャの学習に欠かせない戦略的企業分析の一連のプロセスを、ケーススタディを使った演習を通して体験できるのが特徴です。

≪スキル習得目標≫
・戦略的企業分析の主要なアクティビティを理解する
・組織のコアコンピタンスを特定する
・AS-IS及びTO-BEのエンタープライズアーキテクチャをモデル化する
・顧客価値分析をおこなう
・業務プロセスの改善を計画する
・AS-IS及びTO-BEのITアーキテクチャをモデル化する
・サービス指向アーキテクチャ(SOA)の意味を理解する
・プロジェクトのポートフォリオマネジメントをおこなう

本講座は16PDU取得できます。[PDU:テクニカル5.5PDU_戦略/ビジネス10.5PDU]

ALK000971501 お気に入りに追加
【PDU対象】IT投資対効果の考え方−IT投資マネジメントの基礎−[6PDU付] 
6 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 38,500円JPY 応用 1日間 2021/03/15(月)10:00〜17:00満席

IT投資の提案者や評価者が身につけておきたいIT投資マネジメントに関する実践的スキルを、講師による解説、グループ演習を通して学習します。このコースは、米国PMI(R)認定コースに指定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU:6ポイント)の取得が可能です。
本講座は6PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス6PDU]

AMK001261901 お気に入りに追加
【PDU対象】理解して実践に役立てる要求定義手法(BABOK V3)[14PDU付] 
14 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 110,000円JPY 中級 2日間 2021/03/15(月)09:30〜17:30空席あり

システム開発の超上流段階で、ユーザーの真の要求をまとめるために、業務分析で実行すべき内容を体系的にまとめた『BABOK(R)V3』、この文字だらけの内容をグラフィカルな絵や、講師の体験も交えて説明し、単なるお勉強で終わらせるのではなく、必要な方にとっては、翌日からでも実践できるように、わかりやすく説明します。 また、CCBAやCBAPなどの資格認定試験に備えて、BABOK全体を理解するのに最適なコース構成になっています。

システム開発プロジェクトを進めるために、発注サイドの立場で、まずユーザーからの多種多様な要求の整理を始めて、どうようにまとめたらよいのか戸惑われた経験はありませんか?
また受注サイドの立場で、提示された要求がまとまっていないことに気づき、これからどのように進めていけばよいのか当惑された経験はありませんか?

これらのケースはともに、エンドユーザーからの新システムへの要求が整理されていないために起きる状況です。要求があいまいなままプロジェクトが進むと、発注サイド、受注サイド双方にとって満足度が低い結果になってしまいます。 関係者がWin-Winになれることを目指す『BABOK(R)V3』を説明します。

※本コースは、上級ビジネスアナリスト認定資格CBAP(R)試験合格者が講義を行います。
※本コースは、下記コースと内容に重複がありますことをご了承ください。
BA0011 プロジェクトマネージャに必要な業務分析手法(BABOK V3)
BA0017 ソリューション営業に有効な業務分析手法(BABOK V3)

■ PDU14ポイント対象コース、CDU14ポイント対象コース です。
■ 講義100% です。
本講座は14PDU取得できます。[PDU:テクニカル8PDU_リーダーシップ6PDU]

DFK002501801 お気に入りに追加
【PDU対象】プロジェクトマネージャに必要な業務分析手法(BABOK V3)[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 55,000円JPY 中級 1日間 2021/03/18(木)09:30〜17:30空席あり

システム開発の超上流段階で、ユーザーの多種多様な要求をまとめるために業務分析で実行すべき内容を、『BABOK(R)V3』をベースに、グラフィカルにわかりやすく説明します。『BABOK(R)V3』が、プロジェクトマネージャに必須のPMBOKのどこをどのように補完し、なぜ必要なのか、どのように役立つのかを説明します。

システム開発プロジェクトの要件定義段階で、「ユーザーの要求が目まぐるしく変わる」、「ユーザーが何をしたいのかわかっていない」、「ユーザー間の意見調整ができていない」などを感じたことはありませんか? その結果は、予定していた要件定義期間の超過に起因する開発プロジェクトの遅延や、サービスイン後のシステムに対するユーザーの満足度の低下につながりかねません。

システム開発プロジェクトを成功裏に実施するためには、PMBOKによるプロジェクト管理は前提として、更に、システム開発終了後に稼働し始めるソリューションにより、ステークホルダは何を実現したいのか、つまり開発されたソリューションにより、どのような価値の提供を要求として望んでいるのかを明確にして開発を進める必要があります。 そのために必要な『BABOK(R)V3』を説明します。

※本コースは、上級ビジネスアナリスト認定資格CBAP(R)試験合格者が講義を行います。
※本コースは、下記コースと内容に重複がありますことをご了承ください。
・ BA0010 理解して実践に役立てる要求定義手法(BABOK V3)

■ PDU7ポイント対象コース、CDU7ポイント対象コース  です。
■ 講義100% です。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:テクニカル4PDU_リーダーシップ3PDU]

DFK002511801 お気に入りに追加
Beyond GAFA研修 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 66,000円JPY 入門 1日間

GAFAに代表されるIT企業における我が国の産業、企業、生活者への影響は益々高まっている。これら4企業の今までを「成功」とするならば、その成功要因と成功結果は、書籍「GAFA四騎士が創り変えた世界(以下書籍GAFA)」他多くのメディアで語られてきた。
本研修は、これら4企業が近未来において関連産業(業界)と日常生活に与えるインパクト(機会と脅威)を推測議論するところに重点を置く。

DFK002881912 お気に入りに追加
78件中 71 〜 78件を表示
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
| 次のページNext Page