close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・企業法務の検索結果一覧(17件)

現在の検索条件

条件を変更する
17件中 1 〜 10件を表示
1 | 2
前のページPrevious Page |
【PDU対象】超実践!契約書作成講座[6.5PDU付] 
6.5 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 44,000円JPY 初級 1日間 2022/02/08(火)09:30〜17:30空席あり

他の公開セミナーを受講された方から、「契約書の作成に必要な法律知識がなく困っている」、「契約締結に関する充分な知識がなく非常に不安である」という開講希望が多く寄せられ、当セミナーを実施する事になりました。
●今抱えている契約上の問題に即応する、受講者参加型の従来にない研修を実現!

【講座のPOINT!!】
1.事前アンケートにより、受講者が日頃関わっている契約形態や直面している課題を事前にリサーチ
2.実際の契約場面および契約書上で発生しやすい問題点を、上記課題に対する回答を含め具体的な事例や記載例で解説
3.研修内容の確認および契約スキルの定着に役立つ「修了テスト」および「修得度チェック」を実施
4.質問時間を大幅に拡充し、個別の質疑応答にも対応(講義終了後)。
本講座は6.5PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス6.5PDU]

AAK002071104 お気に入りに追加
契約に関する改正民法ポイント講座 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 33,000円JPY 中級 1日間 2021/11/26(金)09:30〜17:30空席あり

2017年5月、120年ぶりに民法が改正され2020年4月から施行されました。特に契約に関する規定の改正が大きく、企業にとって利用頻度の高い「業務委託契約」や通信サービスなど定型約款・規約を利用して行う「附合契約(定型取引)」にも影響を与えます。改正法は「従前から続く既存契約」にも影響するため、この講座では、「現行法のどこが、どう変わるのか」を比較しながら改正点を解説します。

AAK016331801 お気に入りに追加
【PDU対象】超実践!契約書作成講座【通信講座】[7PDU付] 
7 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 44,000円JPY 初級 2ヶ月 -

契約書作成時はもちろんのこと、営業・交渉時にも役立つ法律知識を、営業から法務部までを経験した講師が、DVD講義により、実例を交えて短時間で効率的に解説します(労働契約を除く)。また、付録の「資料集」には、契約書などで用いられる法令用語や契約書記載事項例(項目例)を掲載。こちらも、DVD講義で解説を加えます。
※2020年4月民法改正対応済み。
本講座は7PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス7PDU]

AAT000331104 お気に入りに追加
1日でわかる! 労務管理基本 =管理者・監督者・現場リーダーとして部下の労務管理を適切に行うために= 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 39,600円JPY 中級 1日間 2021/10/07(木)10:00〜17:00空席あり
2021/11/18(木)10:00〜17:00空席あり

【オンラインクラス有】
同じ職場で正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトなど、さまざまな雇用形態の人たちが共に働くというスタイルが一般的になりました。しかし、雇用契約の違いが見落とされ、労務上の思わぬトラブルになるケースが見受けられます。
的確な労務管理ができるように最低限知っておくべきポイントを学びます。
法律的な基礎知識の修得にとどまらず、実際に起きた事例にその知識をどう生かすか、実務で生かせるセミナーです。

ACK016341801 お気に入りに追加
実務に役立つ職場の労務 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 19,800円JPY 中級 2ヶ月 -

マネジメントの必須知識「労務管理」を分かりやすく学ぶ
雇用の形態や従業員の価値観(労働観)が多様化している現在、管理・監督者が職場でメンバーに対して指示命令や指導を行うには、労働法規や就業規則に関する正しい知識を持つことが必要です。このコースでは、労務管理の基本を職場でよくあるケースをもとに解説しています。新任管理者の必修教育として最適なコースです。
■職場でよくある会話をもとに意識づけをした後に解説していますので、問題意識を持って学習に取り組めます。
■章末の理解確認チェックでその章で学習した知識を定着させることができます。
■テキストは学習のまとまり単位がコンパクトで、要点をわかりやすくまとめています。

ACT008591104 お気に入りに追加
ずばりコンプライアンスがわかる 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 20,900円JPY 初級 2ヶ月 -

現代社会において、コンプライアンスは、企業が法令、社会的倫理、モラルを遵守し、公正に業務を推進することを指します。コンプライアンスに反する企業活動は、企業のイメージやブランドが大きく傷つくだけではなく、企業の存続にかかわるほどの大きな影響を与えかねません。コンプライアンスは、企業活動に潜むリスク対策として重要な経営課題のひとつです。
■実務に必要なコンプライアンスの知識を、その全体像からつかむことができます。
■具体的な事例を取り上げて解説しますので、問題点をイメージしながら学習できます。
■本文中の法律に関する記述は、わかりやすい表現を用いています。
■1分冊目には節ごとに重要なポイントのまとめを載せ、内容を整理し理解を促進する構成になっています。

ACT019152101 お気に入りに追加
【PDU対象】コンストラクションマネジメント基礎〜建設業法・労働安全衛生法・独占禁止法・施工管理〜[13PDU付] 
13 PDU付与
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 77,000円JPY 中級 2日間 2021/12/02(木)09:30〜17:00空席あり
2021/12/15(水)09:30〜17:00空席あり
2022/03/03(木)09:30〜17:00空席あり
2022/03/17(木)09:30〜17:00空席あり

【オンラインクラス有】
建設業に携わる人のために必要な建設業法、労働安全衛生法、独占禁止法等の法令、および工程管理・品質管理・原価管理等の施工に関する知識を演習を通して学びます。また、各種管理ツールなどを紹介し、適正な建設工事を行う方法を解説していきます。建設業法等の法令について、内容や罰則などが理解でき、業務に活用できることが目標です。
※PMP(R)の取得・維持に必要な13時間教育の受講証明書(13PDU/Technical:0、Leadership:0、Strategic&Business:13)を発行します。
PMI,PMP,PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc)の登録標章です。
本講座は13PDU取得できます。[PDU:戦略/ビジネス13PDU]

APK000381104 お気に入りに追加
社会人としてこれだけは知っておきたい 働く人の法律100(Web添削) 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 18,900円JPY 中級 3ヶ月 -

【いざというときに困らないために】個人情報保護法、PL法、契約に関するもの等、ビジネスをしていく上で守らなければいけないルールは数多く存在しますが、その多くはきちんと理解されておらず、慣習にそった活動をしているところがたくさんあるのが現状です。企業のコンプライアンスが叫ばれる中、社員ひとりひとりが基本的な法律知識・意識を持つことが必要です。そこで、本コースは、社内に関わる、知っておきたい法律の基本、顧客との取引で発生する契約業務や、個人情報保護法など社外・対外的に果たさなければいけない法律知識を、事例を交えながらわかりやすく学習します。

BDT004171912 お気に入りに追加
はじめての独占禁止法 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 25,000円JPY 初級 1ヶ月 -

独占禁止法は、企業のコンプライアンス上、極めて重要な法律の一つです。カルテル・談合は、公取委から相次いで摘発されており、刑事事件として役職員個人が有罪判決を受ける場合もあり、優越的地位の濫用として、巨額の課徴金を課された事例もあります。したがって、独占禁止法に違反するかについては、公取委の「常識」と営業担当者等の意識にはギャップがあり、具体的に理解することは容易ではありません。
当コースでは、営業等の事業部門担当者向けに、独占禁止法違反のリスクに直面する企業の目線に立って、独占禁止法に違反しないためにどのように行動すればよいのか、公取委の調査に対してどのように対応すればよいのかを、詳細かつ具体的に解説します。

BTT002851912 お気に入りに追加
労働基準法と関連法規 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
通信教育 23,300円JPY 初級 3ヶ月 -

労働基準法を中心とした労働関連の法令について、管理職の方や人事担当者の方が押さえておかなければならない基本的なルールとそのポイントについて解説します。

BTT002992012 お気に入りに追加
17件中 1 〜 10件を表示
1 | 2
前のページPrevious Page |