close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

知って得する県民学

お気に入りに追加

IEC公式ページURL

講座の特徴や教材サンプルなどの詳細がご覧いただけます。

≫ 詳しくはこちらから

コースコードCourse Code BDT004542012 価格Fee Including Tax 24,300 円
学習形態 通信教育 講座区分
Course Category
-
学習期間
Learning Period
2ヶ月 在籍期間
Enrollment Period
4ヶ月
開講月
Starting Month
 月 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
開講日
Starting Date
1日
対象者
Person
全社員

講座概要

●どこでも、誰にでも使える話のネタを
「世代の離れた同僚に、どのような話題を振ったらいいのかわからない…」「取引先の人と話せるちょっとした小ネタがほしい…」
そのように思うことはありませんか? 本講座は、こうした悩みを解決するために開発されました。
都道府県ネタは、人や世代を超えて使える、万能なコミュニケーション・ツールです。相手にとって馴染みの深いネタや、食いつきやすいネタなどを頭に入れておけば、より円滑な会話へと繋げることができるでしょう。
また、「福井で金沢の話は禁物」「山口県民の前では吉田松陰を呼び捨てにしてはいけない」といったタブーを知っておくことも大切です。人と関わる上で役立つ県民知識や教養を身に付け、雑談力の向上を目指しましょう。
●ツカミネタカラコミュニケーションのとり方まで
本講座は、テキスト1巻で東日本、2巻で西日本の県民性・県民ネタを扱います。
各県民とコミュニケーションを取る際のツカミネタ、タブー、コミュニケーションのコツ、知っておくとよい教養など、人と接するときに役立つノウハウを掲載しています。
また、発展的な内容として、歴史的な背景から紐解く県民性、特産品や名所の裏事情、独特の習慣や奇妙な点なども学ぶことができます。思わず誰かに話したくなってしまうようなネタが満載です。

知って得する県民学

価格  24,300  円(税込)

BDT004542012

カリキュラム

<1か月目>県民性・県民ネタ特集 東日本編
北海道・東北地方、関東地方、甲信越・北陸地方、東海地方の県民性
なぜ県民性が必要なのか?/歴史的背景から見る県民性/ご当地雑学/各県の観光名所/各県のナンバー1・ワースト1記録/各県民へのツカミネタ/各県民へのタブー/各県民の性格/コミュニケーションのコツ/対決企画 ○○県 VS △△県/他

<2か月目>県民性・県民ネタ特集 西日本編
関西地方・中国地方、四国地方、九州・沖縄地方の県民性
歴史的背景から見る県民性/ご当地雑学/各県の観光名所/各県のナンバー1・ワースト1記録/各県民へのツカミネタ/各県民へのタブー/各県民の性格/コミュニケーションのコツ/ランキングで見る県民性/他

受講条件

特になし

修了基準
Passing Grade
全課題が60点以上
課題数
Number of Assignment
2回
教材
Learning Materials
■テキスト:2冊 ■添削課題:2回 ■学習の進め方:1冊
実施団体名
Implemented by
株式会社アイ・イーシー
備考
Note

標準学習時間60時間 http://iec.jp/hanshita/kanri/preview/ke-02900/ke-02900.html

知って得する県民学

価格  24,300  円(税込)

BDT004542012