close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

インターネットセキュリティ技術

お気に入りに追加
コースコードCourse Code AKK042781106 価格Fee Including Tax 66,000 円
学習形態 公開セミナー 講座区分
Course Category
-
受講期間
Course Period
2日間 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
会場/日程
place/schedule
オンラインクラス(Zoom)
05月講座 2021/05/20(木)09:30-17:00 空席あり
06月講座 2021/06/03(木)09:30-17:00 空席あり
07月講座 2021/07/05(月)09:30-17:00 空席あり
07月講座 2021/07/26(月)09:30-17:00 空席あり
08月講座 2021/08/16(月)09:30-17:00 空席あり
08月講座 2021/08/30(月)09:30-17:00 空席あり
09月講座 2021/09/02(木)09:30-17:00 空席あり
09月講座 2021/09/13(月)09:30-17:00 空席あり
10月講座 2021/10/12(火)09:30-17:00 空席あり
10月講座 2021/10/26(火)09:30-17:00 空席あり
11月講座 2021/11/01(月)09:30-17:00 空席あり
12月講座 2021/12/06(月)09:30-17:00 空席あり
01月講座 2022/01/12(水)09:30-17:00 空席あり
01月講座 2022/01/25(火)09:30-17:00 空席あり
02月講座 2022/02/21(月)09:30-17:00 空席あり
03月講座 2022/03/07(月)09:30-17:00 空席あり
03月講座 2022/03/22(火)09:30-17:00 空席あり
※上記の空席状況は研修会社のリアルタイムの状況とタイムラグございます。
   お申込み時の各クラスの状況により、受付をお断りすることがございますので予めご了承下さい。
対象者
Person
インターネットセキュリティの基礎知識を修得されたい方

講座概要

<オンラインクラス有>
インターネット上の様々な脅威について学習し、組織において必要となるセキュリティ対策技術(標的型攻撃対策、暗号技術、サーバセキュリティなど)について、その用語や仕組み、また必要性について修得します。

インターネットセキュリティ技術

会場
Place

価格  66,000  円(税込)

AKK042781106

カリキュラム

1.情報セキュリティ概要
・情報セキュリティの定義
 情報セキュリティとは
 情報セキュリティのCIA
 情報資産
 脅威と脆弱性
・サイバーセキュリティ
 サイバーセキュリティとは
 サイバーセキュリティフレームワーク
2.攻撃手法
・不正侵入
 不正侵入の流れ
・事前調査
 インターネット上での調査
 スイープ
 ポートスキャン
 バナー取得
 ソーシャルエンジニアリング
・権限取得
 パスワードの不正取得(パスワードクラック、パスワード盗聴)
 プログラムの不備を悪用した攻撃(BOF脆弱性、Webアプリケーション脆弱性、Exploit、ゼロデイ攻撃)
・不正実行
 ファイル取得・削除
 踏み台
・事後処理
 ログの改ざん・消去
 バックドアの作成
・マルウェア
 マルウェアとは
 マルウェアの種類
・DoS攻撃
 DoS攻撃・DDoS攻撃
 代表的なDoS攻撃
・標的型攻撃
 標的型攻撃とは
 標的型攻撃の流れ
 標的型攻撃の対策
3.セキュリティ対策
・ファイアウォール
 ファイアウォールとは
 アクセス制御
 ファイアウォールと各種サーバの配置
 ファイアウォールのアクセス制御の仕組み
 UTM
 次世代ファイアウォール
・IDS/IPS
 IDSとは
 IDSの種類
 攻撃検知の仕組み
 IPSとは
・脆弱性対策
 脆弱性対策概要
 脆弱性スキャン
・DoS攻撃への対策
・マルウェア対策
 マルウェア対策ソフト
 マルウェア検出方法
 検疫ネットワーク
 レピュテーション
・ログ管理/監視
 ログ
 ログの管理
 ログの監視
・多層防御
 多層防御とは
・セキュリティ分野でのAI活用(参考)
4.暗号技術
・暗号の基礎知識
 様々な脅威
 暗号の基本用語
 共通鍵暗号方式
 鍵交換方式
 公開鍵暗号方式
 ハイブリッド暗号方式
・ハッシュ関数
 ハッシュ関数とは
 ハッシュ関数を利用した改ざん検知
 ハッシュ関数を利用したメッセージ認証コード
・ディジタル署名
 RSAディジタル署名の概念
 RSAディジタル署名の仕組み
・認証局と公開鍵証明書
 認証局とは
 認証局の役割
 PKI
 公開鍵証明書
 公開鍵証明書の失効
 認証局の信頼モデル
・TLS
 TLSとは
 TLS利用上の注意点
 TLSにおけるブラウザ警告
 TLSサーバ証明書の認証方法
・暗号メールと署名付きメール
 暗号メールの仕組み
 署名付きメールの仕組み
 S/MIME、PGP
 公開鍵の受け渡し方法
・無線LAN
 無線LANのセキュリティ上の問題点
 無線LANのセキュリティ対策
・VPN
 VPNとは
 IPsec
 SSL-VPN
5.TCP/IP の問題点およびアプリケーションセキュリティ
・TCP/IPの問題点
 3Way-Handshake
 IP Spoofing Attack
 TCP SYN Flood Atttack
 TCPコネクションの切断
 IPソースルーティングを悪用した攻撃
 IPフラグメントを悪用した攻撃
 ARPの問題点と対策
・DNSのセキュリティ
 DNSの仕組み
 DNSサーバの種類と問い合わせの種類
 DNSキャッシュポイズニング
 DNSリフレクション攻撃/DNS amp攻撃
 DNSランダムサブドメイン攻撃/DNS水責め攻撃
・電子メールのセキュリティ
 電子メールの仕組み
 SMTP/POPの主な問題点と対策
 送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)
・Webアプリケーションシステムのセキュリティ
 Webアプリケーションの仕組み
 主なWebアプリケーションの脆弱性
 SQLインジェクション
 クロスサイトスクリプティング
 WAF
 Webアプリケーション脆弱性診断
6.情報セキュリティマネジメント
・情報セキュリティマネジメントシステム
 組織における情報セキュリティマネジメント
 情報セキュリティポリシー
 情報セキュリティマネジメントの標準規格
・サイバーセキュリティ経営ガイドライン

受講条件

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「TCP/IPプロトコル」
・「TCP/IPプロトコル(eトレーニング)」


<オンラインクラスにご参加の方へ>

<■本コース受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
 
お申込みの前に、事前準備をご確認ください。また、ご受講の際は、必ず研修開始前までにご準備ください。
◎事前準備
◆遠隔ツール :Zoom
Zoomに関する準備手順は、Zoom受講マニュアルよりご確認ください。
https://www.neclearning.jp/training/remotelive/pdf/Zoom.pdf

◆教材 :電子教材
 研修開始7日前以降に送付いたします。以下の件名のメールよりダウンロードしてください。 
「[開催番号]NECマネジメントパートナー 研修サービス 教材/補助資料ダウンロードURL通知」

実施団体名
Implemented by
NECマネジメントパートナー株式会社
備考
Note

講義内容は以下のコースと重複します。
・インターネットセキュリティ技術(実習編)

インターネットセキュリティ技術

会場
Place

価格  66,000  円(税込)

AKK042781106