close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

はじめての独占禁止法

お気に入りに追加
コースコードCourse Code BTT002851912 価格Fee Including Tax 25,000 円
学習形態 通信教育 講座区分
Course Category
-
学習期間
Learning Period
1ヶ月 在籍期間
Enrollment Period
2ヶ月
開講月
Starting Month
 月 PDU数
テクニカル
リーダーシップ
戦略/ビジネス
-
 -
 -
 -
開講日
Starting Date
毎月1日
対象者
Person
業務上独占禁止法に関しての知識が必要な方

講座概要

独占禁止法は、企業のコンプライアンス上、極めて重要な法律の一つです。カルテル・談合は、公取委から相次いで摘発されており、刑事事件として役職員個人が有罪判決を受ける場合もあり、優越的地位の濫用として、巨額の課徴金を課された事例もあります。したがって、独占禁止法に違反するかについては、公取委の「常識」と営業担当者等の意識にはギャップがあり、具体的に理解することは容易ではありません。
当コースでは、営業等の事業部門担当者向けに、独占禁止法違反のリスクに直面する企業の目線に立って、独占禁止法に違反しないためにどのように行動すればよいのか、公取委の調査に対してどのように対応すればよいのかを、詳細かつ具体的に解説します。

はじめての独占禁止法

価格  25,000  円(税込)

BTT002851912

カリキュラム

1,独占禁止法の概要等

独占禁止法の全体像、独占禁止法違反、課徴金減免制度、公取委による摘発のトレンド
2 ,カルテル・談合に巻き込まれないために

「カルテル」「談合」とは?、ケース・スタディ
3,取引関係における留意点

取引先との関係に関する考え方、再販売価格の拘束、取引先の活動にどこまで条件を付けられるか
4,優越的地位の濫用

巨額の課徴金リスク、簡単に認められてしまう「優越的地位」、やってはいけない「濫用行為」とは
5,公取委の調査への対応

立入検査対応、課徴金減免申請の進め方

受講条件

メールアドレス・送付先住所必須 ※web動画付のコース

修了基準
Passing Grade
全課題100%提出(但し0点は不可)※初回テスト結果が反映されます。
課題数
Number of Assignment
1回
教材
Learning Materials
テキスト・Web講義(1回)・Web添削(1回)※初回テスト結果が反映されます。
実施団体名
Implemented by
TAC株式会社
備考
Note
動作環境につきましては、TACホームページでご確認ください。https://bs.tac.biz/check/
※教材構成、コース内容等は一部変更される場合がございます。予めご了承ください。
※当コースは、平成31年4月1日確定法令に基づく講義となります。

はじめての独占禁止法

価格  25,000  円(税込)

BTT002851912