close

マイページ ログイン

ログインID
パスワード

※マイページログインメールアドレス・パスワードは、初回お申込み時にご登録頂きます。

詳しく条件を設定して探す

詳細検索

キーワードから探す

資格スケジュール

講座一覧

ビジネス・総務・厚生の検索結果一覧(19件)

現在の検索条件

条件を変更する
19件中 1 〜 10件を表示
1 | 2
前のページPrevious Page |
社会保険実務の基礎 社会保険コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 64,800円JPY 基礎 2日間

【ねらい】
(1)社会保険全般の実務ができるように学習する。
(2)「健康保険」、「厚生年金保険」の複雑で多岐にわたる手続き事務を、届出書類を実際に使った演習で習得し、業務で実践できる力を身につける。
(3)法改正など、その時々の最新トピックスや今後の動向などを押さえる。

【概要】
入社から退職までに必要な社会保険業務の知識について、社員や退職者からの相談にも的確に答えられるように、さまざまな事例を交えて習得します。
社会保険実務に関する実際の事例を多く取り入れながら演習形式で講義を進めていきます。毎年、最新の情報に基づいてテキストの差替えを行っております。新たに担当される方にも分かりやすくご説明いたします。

※労災保険、雇用保険について学ぶ「労働保険コース」もございます。

【特徴】
最新の情報をお伝えするために、毎年テキストを作り直すことによって、すぐ実務に役立つようにしています。

【セミナーのゴール】
・従業員の入社から退職までの行政官庁での手続き(保険給付の請求、保険料の申告納付)が行えるようになっている
・手続き時に担当者が犯しやすいミスや、ミスを防ぐための対策方法を理解している。

ACK011991106 お気に入りに追加
社会保険実務の基礎 労働保険コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 64,800円JPY 基礎 2日間

【ねらい】
(1)労働保険全般の実務ができるように学習する。
(2)「労災保険」、「雇用保険」の複雑で多岐にわたる手続き事務を、届出書類を実際に使った演習で習得し、業務で実践できる力を身につける
(3)法改正など、その時々の最新トピックスや今後の動向などを押さえる。

【概要】
社会保険関連事務は、人事担当者の業務の中でも煩雑でしかも多くの専門的知識を要求されるものです。
このセミナーでは、労働保険全般のしくみとその具体的な業務処理の方法を習得します。社会保険実務に関する実際の事例を多く取り入れながら演習形式で講義を進めていきます。毎年、最新の情報に基づいてテキストの差替えを行っております。新たに担当される方にも分かりやすくご説明いたします。

※健康保険、厚生年金保険について学ぶ「社会保険コース」もございます。

【特徴】
最新の情報をお伝えするために、毎年テキストを作り直すことによって、すぐ実務に役立つようにしています。

【セミナーのゴール】
・従業員の入社から退職までの行政官庁での手続(保険給付の請求、保険料の申告納付)を理解し、実際に行うことができるようになっている
・社会保険等の手続きで、担当者が犯しやすいミスや、ミスを防ぐための対策方法を理解している
・社会保険制度に関連する法改正について理解している。

ACK012001106 お気に入りに追加
総務担当者基本研修 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 86,400円JPY 基礎 3日間

【ねらい】
(1)組織上の総務の位置づけ、期待される役割を確認する。
(2)経営補佐業務と支援業務を理解し、業務知識を身につける。
(3)総務の課題と対策を考える。

【概要】
総務の仕事は会社ごとに違い、そのやり方も違うという特徴があります。そのため、総務担当者は総務の仕事の役割が明確でなく、期待されることより目の前の仕事で一杯になり、さらには総務に対する後ろ向きのイメージでモチベーションが上がらないという問題を抱えているように見受けられます。
このセミナーでは、総務担当者の組織上の役割と組織からの期待をご確認いただきます。
その理解を踏まえて、総務スタッフとして必須な業務知識を演習や事例を通じて習得します。
グループワークによって他社の参加者から参考になる情報が得られ、今後の業務に役立つようになっています。

【特徴】
3日間で総務部門に必要な役割(仕事)の全体像がつかめます。

【セミナーのゴール】
・組織上の総務の位置づけ、期待される役割を理解している
・経営補佐業務と支援業務を理解し、業務知識が身についている
・総務の課題と対策について認識している。

ACK012011106 お気に入りに追加
社員研修インストラクター養成 インストラクション実習コース 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 140,400円JPY 実践 4日間

【ねらい】
(1)経営戦略の実現を人的資源開発という側面から担うインストラクターとしての役割を認識すると同時に、基礎的知識を習得する。
(2)模擬実習を通じて、「教育理論に基づいたインストラクションの基本技術」を身につける。

【概要】
このセミナーは、インストラクターのパフォーマンスを高めるための技法習得と、その技法の背景にある原理原則(教育学習の専門性)の二本立ての構成です。実際にインストラクションの実習を行いビデオ撮影もしますので、他の参加者からのアドバイスだけでなく、自分自身で振り返ることもできます。

【特徴】
インストラクション実習では講義風景を撮影しますので、ご自身での振り返りが出来ます。

【セミナーのゴール】
研修講師としての基本スキルと意識を習得する 。

ACK012051106 お気に入りに追加
研修プログラムデザイン 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 81,000円JPY 基礎 2日間

【ねらい】
(1)研修の企画開発担当者(研修デザイナー)がなすべきことを知り、効果を上げるための基本構造を理解する。
(2)研修デザイナー、研修インストラクター、研修運営実務担当者の役割と相互の関係を理解し、研修デザインの方法と工夫を学ぶ。
(3)組織(職場)と受講者の実情に即した研修を実施するために、全員満足を目指した研修デザイナーになる。

【概要】
研修の企画、開発、実施の関わる役割には、大きく分けて「デザイナー」と「インストラクター」があります。このセミナーは、新任の「デザイナー」が効果的に研修を設計するために、実際にご自身が携わる研修を教材として学習します。その内容は、研修の基本構造のデザインに特化しており、インストラクションスキルにはふれていませんので、インストラクション研修と併せてご受講いただくことで相乗効果があります。

【特徴】
定員を少なく設定していますので、個人ワークでは、講師から個別にアドバイスいたします。

【セミナーのゴール】
研修プログラム作成の手順・考え方を理解し実践できる。

ACK013961501 お気に入りに追加
研修企画担当者基本 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 118,800円JPY 基礎 3日間

【ねらい】
(1)経営環境の変化に対応したこれからの人材育成部門および教育担当者のあり方と業務の全体像を理解する。
(2)集合研修企画のステップごとの考え方・進め方および研修企画担当者として身につけるべき知識・スキルについて学習する。
(3)研修の評価についての考え方を身につける。

【概要】
経営環境の変化に対応した企業内教育担当者としての心構えと研修企画に関する基礎を学習します。教育担当者の方々に研修を企画するために必要な知識と講義・事例研究・グループディスカッション・チェックリストによる自己診断など多彩な教育技法を体験していただきます。集合研修の企画を演習で体験しながら学習を深めていきます。

【特徴】
ご参加される方は研修担当者としての経験が少ない方がほとんどですので、相互啓発を通して多くの気づきを得ることができます。

【セミナーのゴール】
研修担当者としての基本知識を習得する。

ACK014451509 お気に入りに追加
人事担当者基本研修 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 86,400円JPY 基礎 3日間

【ねらい】
(1)人事担当者の役割上、人事に必要な法律の知識を習得する。
(2)採用から退職までに発生する業務や年次業務(賃金計算、年末調整など)を実習を交えて学ぶ。
(3)賃金制度・人事考課・教育などの人事制度の基本を学び、人事の課題と対策を考える。

【概要】
経営資源の中で最も重要な「ヒト」の問題は急速に変化し、かつ多様化しています。人事担当者には、「労働法」「人事制度」の知識と「コミュニケーション」のスキルに加え、環境に応じて動態的に変化する組織の戦略的経営にも機敏に対応できる柔軟性や積極性が求められます。
このセミナーでは、演習やグループワークによるご担当者同士の意見交換を通じて人事と労務の基礎知識を総合的に習得していただくとともに、人事担当者としての心構えや姿勢を身につけていただきます。

【特徴】
人事担当者に必要な基礎分野は、次の5つに大別されます。
1. 募集・採用 2.就業管理 3.社会保険 4.賃金制度 5.労使関係
これらは、人事特有の専門的な知識も要求 され、また、中には公の施策などで都度変更を伴うものも少なくありません。本セミナーは、人事労務の専門家である講師による、人事労務に関する法律のポイント解説や、実際の届出書式を用いての実務演習を行います。

【セミナーのゴール】
人事と労務の基礎知識を総合的に習得するとともに、人事担当者としての心構えや姿勢を身につけている
1.人事担当者として必要な法律の知識を習得している
2.採用から退職で発生する業務や年次業務(賃金計算、年末調整など)を理解し、手続きが行えるようになる。

ACK015261601 お気に入りに追加
採用担当者基本研修 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 37,800円JPY 基礎 1日間

【ねらい】
(1)採用計画の立て方から内定者フォローまでを、豊富な事例を交えながら、具体的かつ実践的に学ぶ。
(2)実際の評定票の例などの事例を見ながら、自社採用業務のツールの整備や拡張のポイントを整理する。

【概要】
少数精鋭、即戦力となるプロ人材が求められる中、有能な人材を確保するための採用業務の重要性が増しています。
このセミナーでは、表面からは見えにくく自己チェックも難しい採用業務の全プロセスについて、プランニングと実務のポイント、勘どころを整理して解説します。新卒採用、中途採用に対応した内容です。

【特徴】
採用活動分析、採用コンサルティング、採用プランニングを行う専門会社の講師が、時流に即した採用活動の情報を提供します。

【セミナーのゴール】
・人材採用業務(採用スケジューリング・動員シミュレーションなど)について理解するとともに、各種様式に基づき、自社で活用できるようになっている
・採用に関するトレンド情報や調査分析結果、法改正に伴う留意点、他社の採用活動の実態などについて理解している。

ACK015271601 お気に入りに追加
「新卒・キャリア採用向け」採用面接官スキルトレーニング 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 37,800円JPY 実践 1日間

【ねらい】
(1)採用選考における面接の重要性を踏まえ、採用面接官の役割を理解する。
(2)応募者を惹きつける「傾聴スキル」、欲しい人材を選び出す「質問スキル」を習得する。
(3)自社が欲しい人材を採用するために、判断しやすい評価基準に落とし込む手法を学ぶ。

【概要】
「面接官は常に応募者に見られています」。売り手市場の採用選考においては、面接官の魅力、立ち居振る舞いが、選考辞退にも大きく影響します。
本研修では、ます実際の学生を相手にした模擬面接を通して、面接官としての基本姿勢を確認します。その上で、過去の経験を掘り下げながら、応募者の能力や価値観を見極める方法、面接評価の考え方など、面接官としての基本知識・スキルを学んでいきます。

※新卒採用における面接手法を基本としながら、キャリア採用についても解説を加えます

【特徴】

現役の学生を相手に面接のトレーニングを行います


【セミナーのゴール】
・採用選考における面接の重要性を踏まえ、採用面接官の役割を理解している
・応募者を惹きつける「傾聴スキル」、欲しい人材を選び出す「質問スキル」を習得している
・自社が欲しい人材を採用するために、判断しやすい評価基準に落とし込む手法を習得している。

ACK015281601 お気に入りに追加
人事評価制度定着化のコツ 
学習形態Learning Method 価格Course Fee レベル 学習期間Learning Period 開催時期
公開セミナー 38,880円JPY 基礎 1日間

【ねらい】
(1)人事評価の基本を押さえる。
(2)人事評価制度の定着化の考え方、進め方を押さえる。
(3)人事評価制度定着の内製化を図る。

【概要】
事例演習などを通じて、自社の人事評価制度定着に向けた阻害要因に気づくと同時に、定着へ向けてのアプローチを習得します。
「運用ノウハウ共有化」については実例から、「スキル習得」については手法やノウハウの紹介から学びます。
自社の人事評価制度に基づく疑似評価演習を通じ、「評価項目の特性と運用ポイント(目のつけどころ)」にも言及します。
そして、自社で取り組む定着化に向けたシナリオがイメージできるようになります。なお、セミナー冒頭で、参加者全員に、「定着化に関する問題・疑問・アドバイスしてほしいこと」を記入していただき、そのフィードバックをセミナーの中で行います。

【特徴】
金津講師執筆の副読本「人事考課の実際(日経文庫)」を活用し、「運用上の障害への対処」「多様な社員の考課・指導」などのノウハウを提供します。

【セミナーのゴール】
「運用ノウハウの共有化」と「スキル習得」によって人事制度定着化を図る。

ACK015291601 お気に入りに追加
19件中 1 〜 10件を表示
1 | 2
前のページPrevious Page |